短期間で行うりんご4971ダイエットの方法について

一日の食事のうちどれかをりんごにするのが、りんごダイエットです。りんごに置き換えていない食事は好きなものを食べることができます。便と一緒にコレステロールといった余分なものを排出する働きがある食物繊維が豊富で、カロリーも量の割りに少ないためりんごはダイエットにぴったりです。またカリウムは塩分を体外に排出して血圧を下げる働きがあり、血管の機能が改善します。
夜は食べたら寝るだけなので、りんごダイエットを行うのに特におすすめの時間です。夜中空腹で我慢できなくなりそうなら、早めに睡眠をとったり飲み物で満たすようにしましょう。ダイエット中に便秘になってしまった場合は、朝にりんご食べることをおすすめします。
単品だと栄養が偏ってしまうため、3日程度でりんごダイエットは終了することが大事です。4日目になっていきなり食べてしまうと、胃に負担がかかってしまうためスープやおかゆなどを選びましょう。ドカ食いしてしまうとリバウンドして、せっかく痩せた体重が戻ってしまいます。また、ダイエット中はたんぱく質が足りなくなってしまうため、他の食事でバランスを取ることも重要です。脱水症状にならないように水分も意識して摂取しましょう。