おいしいりんご4971はどれ?見分け方のポイントとは

スーパーなどで一年中見かけるりんごは、値段が手頃なこともあり、よく購入する人が多いですよね。どうせ買うのなら、少しでも甘くておいしいものを選びたいのは当然です。そこで、簡単なりんごの見分け方を紹介します。まず、りんごの色が真っ赤なものを選びます。なぜなら、栽培された環境の肥料や日光、温度などがりんごにとって最適であればあるほど、赤色の色素の「アントシアニン」がより生成されるからです。良い環境で育ったりんごであるという証明になります。だからこそ、酸味と甘みのバランスが絶妙で、味が濃く美味しいものが多いです。しかしりんごのお尻の部分だけは、赤ではなく黄色かどうかを見ます。良く熟しているということであり、蜜入りの可能性が高いです。また色に加えて、しっかりとした重みを感じるかも、りんごの見分け方のコツです。持った時にずっしりとしていて、指ではじくと澄んだ音がするものがベスト。身が引き締まり、新鮮なりんごであるはずです。一つ注意するべきことは、大きさで美味しいものかどうかの判断はできないということです。ついつい大きいものを選びがちですが、あくまでも重さを基準に選んだ方が、当たり外れがありません。面倒でも、一つ一つ手に取り十分に吟味して購入を決める癖をつけることをおすすめします。